車イメージ

メンテナンス・足回り / ハンドル関連

 

こちらでは足回り / ハンドル関連のメンテナンス取扱いをご案内しています。

67y フォード マスタング ハンドル位置調整

   

以前、ハンドル下のスパイラルケーブル脱着した際にコマが2つ程ずれてしまったようです。ハンドルを取り外して元の位置へ改めて取り付け。実際、左右へのハンドルの遊びが少し他車よりおおいので意外と調整が難しく思えました。

ジャガーXK8 X100

 

ハブベアリング 音鳴きの為交換。パーツ代が高価なので左右やるとなると勇気が必要です。

日産フェアレディZ Z34 デフオイル交換

 

ニスモ1.5WAYのLSD装着車です、デフオイルは交換をあまりしないオーナーさんが多い中、キチンとデフオイルを交換されているのせいか?未だデフのトラブルは起きていません。

04y シボレーアストロ 足回り異音

   

前から異音がするで入庫しましたが良く調べてみるとリヤ側の異音でした。今回、まさかの場所からでしたので中々特定することが出来ませんでした、時間をかけて調べていくとキャリパーの内側部に錆で浮いている所があり、これが不定期に擦れるようで異音の発生原因になっていたようです。修理内容は錆を取り除き、再塗装で完了しました。

W215 メルセデスベンツCL 足回りコトコト音

   

珍しく足回り全滅状態でした、ボールジョイントガタ ロアアームのショックアブソーバー下部取り付けジョイントガタ ラジアスアームブッシュ抜け 全部取り替えなければいけない状態だったので少しお時間頂きましたが無事完了。

2004年 シボレーアストロ AWD 異音

ブログにも掲載していますが異音原因に関して、本当にいろいろな事が考えられますので、場所を特定する為に車輌お預かりの場合、少しお時間を頂くことがあります。ご了承下さい。

メルセデスベンツ W203 C240等

ステアリングラックからのオイル漏れ等でパワーステアリングのオイル消耗がはやくなり、ハンドル重い・音がする等のお悩みの方へ。ラックに関してはリビルト(既存のラックを再生したもの)で交換が可能です」、中古とは違い保障も付いているので安心です。ご相談ください。

1967yフォード マスタング

 

まっすぐ走らない フラフラする ハンドルセンター出てない。車高下げた リヤ板バネネジゆるい など色々な不具合連発してしまい タイヤ交換やアッパーボールジョイントの交換なども含め今回は4輪アライメントをキチンと調整してもらいました。アライメント調整後、全く別人の様な車になり、走る 曲がる 止まるがこんなに普通に出来るのかとお客様、そして私自身 とても感動しました。

Z34フトント追加8mm幅スペーサー及び強化ロングハブボルト交換

 

その後テストドライブにて 高速からブレーキを踏むとブレたり左へ流れるといった現象を解消する為、ホイールバランス 及び4輪アライメント調整しました。普段の走りには問題ないようですが、お客様の趣味でたまにサーキット走行をすると聞いていたので車高の調整を含め足回りのリフレッシュです。感想また聞かせて欲しいです。

続 マスタング4.7リットル

 

今度は後左フェンダーにタイヤ当たる。 で再び入庫。 左フェンダー内のツメ折りで解消したかったのですが既にフェンダーに塗装割れの兆候があったため叩いて折る~カットする作業に変更しました。 次回、タイヤサイズを決める際、次回はご相談ください。

1967年フォードマスタング4.7リットル289

   

車高下げてみたけどフェンダーに当たる。で入庫 タイヤを交換すれば済む話ですが既存のタイヤがいいようで....仕方ないので車高を1.9mmスペーサーで上げることにしました。スペーサーはアムテクスにて購入 これでフロントフェンダーとの接触は防ぐことができました。結局、車高はノーマル状態に戻り少し残念ですが、次回タイヤ交換の際スペーサーを取り外し少しフロントを下げてみましょう。その方がかっこいいですね。

67y マスタング車高少し上げ

 

旧車輸入車で丸ごとバ ネ等交換しなくてもスペーサー等で車高調整可能です、一度ご相談下さい。

メルセデス ベンツW221 等

 

ボールジョイントのガタやブーツ破れ 年式的に殆どが交換時期です、専用ボールジョイントプーラーありますので交換にあまり時間を掛けずに完了できるようになりました。検査前やハンドル周りで異変を感じた場合、直ぐに点検しますのでお問い合わせ下さい。

GM 等 専用ボールジョイントプーラー有ります

 

GM 等 専用ボールジョイントプーラー有りますので今まで一苦労していたGM車等のボールジョイント交換が楽になりました。ガタガタする、真直ぐ走れない、を感じたら交換時期です。ご相談下さい。

GF-185A フィアットプント パワーステアリングモーター修理

   

故障するとステアリングが重たくなります。普通に運転する事は困難です。修理や交換の場合フィアット対応のテスターを持っていませんのでディーラーへ持ち込んでモーター故障なのかコンピューターが異常なのか判断してもらわなければいけません。海外の修理事例などを以前から見ていましたが8割方モーターのリレー交換で直る。そんな記事を以前から目にしていましたので サンプルがてらテストもせずにリレー交換をする事にしました。半田が苦手なのでお世話になっている電子部品屋さんに半田依頼した所リレーの接触場所以外に半田浮きがあったそうです。故障の原因はリレーではなく半田浮きが原因だったように思います。リレーも交換して良かったですが一概に決めてかかるのはよろしくないようでした。組み付け後、問題なくハンドル故障は解消されました。

ボルボV70 SB5244w

     

アッパーマウント交換。アッパーマウントのスリープが外れてしまっていました。交換で異音解消されました。

ニュービートルハブベアリング異音

   

ハブベアリング前後交換です。前側と後ろ側交換の際にどうしてもカラーが残ってしまいがちでこれを取る事に時間をついやしてしまいがちです。理想は左右で交換したいのですが部品代と工賃で結構な金額になってしまうのでウォーんと音のする側だけ今回は交換しました。左前 左後ろ。走行キロは7万km少し超えた車両でした。

ボルボ960 他 ブッシュ関係

       

ジョイント部に使用されているブッシュ。破損していたら車検にも通りませんし、中のグリスがなくなってしまいジョイント丸ごと交換が必要になったりと費用がかさばってしまいます。状態や車種にもよりますが、お客様の負担にならないようにTCSでは部品交換の際に可能であればブッシュのみの交換も受けております。丸ごと交換の半分位の費用です。ご相談下さい。

95y シボレーアストロ 足回りからの異音

 

とにかく足廻りからの異音は特定する事が難しいです。ある意味わかった気でいても違う事が原因なんて珍しくは有りません。今回は交換してまだ1年位のロアアーム ボールジョイントだったのですが交換して間も無い箇所を全く疑わなかった自分に反省です。肝心な箇所とでも表現したらいいのかわかりませんが、足回りの関節部分等は純正品または純正品相当、それ以上のパーツを使用したほうが長持ちするし取付け後もしっかりしたように感じます。

97yシボレーアストロ ハンドル脱着

 

簡単そうな事が意外と難しいと感じます。先入観は捨てて落ち着いて作業してください。ブログにも簡単な脱着方法記載していますので参考にして下さい。

w220エアサスのSクラス等 異音箇所を一人で見つける方法

     

フロント足回り 音する。コトコト音とかギュギュ音。特定するのが一人では結構、難しいです。さて本題です、大抵 コトコト音がする場合ロアアームナックル側のボールジョイントからの確立高いです。ギュギュの場合、エアサスの下側ボールジョイントの確立高いです。たまにスタビロットリンク ではなく( i _ i )スタビライザーを車両側に取り付けしている箇所のゴムがダメになっている事もあります。さてここで邪道と言われそうですが簡単なチェック方法です。各ボールジョイントジョイント部はゴムのブッシュがかぶさっています。で、ここにスプレーグリスの先っちょを注射のように差し込んでスプレーします。一度に行わずに怪しい箇所1個ずつです。後は車両を実際、走らせます。大抵、異音がしている箇所は音が止まります。差し込んだ箇所には液体シールを使い補修して置いてください。参考画像は取り外していますが実際には取り付けた状態で行ってください。異音箇所が分かれば交換もしくは次に異音がするまでそのままの2択です。一人で出来る簡単な方法です。試してみて下さい。

BMW RA16 ミニアッパーマウント交換

お客さんの持ち込みでショックアブソーバーのみ交換依頼が有りました。アドバイスとしてアッパーマウントも年式的に抜け始めてきてないか確認した方が良いですよと伝えた結果、まとめてやっちゃってください!との事。正解です!

R50 RE-16 BMW MINI

フロントアッパーマウントちぎれ。ギュ~ッギュ~ッと音がしていました。

8B5252W ボルボV70 スタビロットリンクブッシュ劣化ヒビ

 

まだコトコト音出ていません。ガタはないのでブッシュのみ交換しました。純正はアッセン(丸ごと)交換になりますがサイズの合うブッシュありますので安く仕上がりました。

8B5252W ボルボV70 フロントアッパーマウント交換

 

コトコト音で入庫。調べた結果。アッパーマウント切れでした。画像で見たとおり中が切れてスコスコです。SBー5254W等 ボルボはこの部分交換多いですね。

セカンドレンジローバー エアサスの高さ調整

   

何か4輪の高さが合ってない気がするで入庫。ハイトセンサー等以上は無く一安心。キャリブレーション、高さを揃える、正常値に戻すはテスターで作業出来ます。これで又安心。

R170 メルセデスベンツSLK320 ブロントハブベアリング交換

曲がる際、ブレーキを踏むとフロントにガタがでる。フロントハブベアリングにガタが有りましたので交換しました。ハブベアリングを交換の際、アウター、インナー、シール、アウターリングと同時交換です。

ボルボ940 スタビライザー交換

   

お客様の持ち込みですが強化スタビライザーの取り付けを行いました。純正品と比べると約2倍ほどの太さで見るからに強そうです。

ボルボV70 ロアアームブッシュ交換

 

ロアアームブッシュ交換といってもブッシュ付きのアッセンで交換しました。理由はプレス機がないため弊社で脱着ができないためです。正直、くやしいいのでこの作業の後にプレス機を買いました。V70のブッシュ交換のみできますのでご相談ください。

日産キャラバン VRE25 ローダウン コマずらし

   

リヤは純正リーフ(板バネ)に2インチ(5cm)のブロックを間に入れローダウン。フロントは結果、純正位置より13巻き緩めローダウン。フロントは緩めてのローダウンでしたのでコマを2巻きずらし強化してみました。お客様曰く純正のような乗り心地。コーナーはしっかり踏ん張ってる気が(笑)との事。

メルセデスベンツ W221 Sクラス エアサス内からコトコト音がする

 

どうやらエアサスのエアバック内から音が.....?交換でなおります。

シボレーアストロ ポールジョイント交換

   

今回、左のみ交換。ガタ治まりました。

レンジローバー(セカンドレンジ)

コイルサスペンションへ交換、エアサスよりコイルへ変更。ある日突然車高が下がったまま、ランプが4つ着きっぱなし等。コンプレッサーやバルブブロック、ハイトセンサー等。交換に疲れてしまった方はコイルサスペンションへ交換をオススメします。勿論、構造変更と最後までお任せ下さい。

BMW635CSI E24 レベライザー取り外し

   

レベライザー付きの車両も古くなると勝手に動き出したり、下がったままだったりの問題が良く発生します。今回はレベライザー取り外し、アキュムレータ全て取り外し、モンローのガスショックへ交換。この機会にダウンサスを組み込み見た目にも走りも良くなりました。(画像はアキュムレーター取り外しとショック交換)

フォルクス ワーゲンゴルフ

 

ブレーキロータージャダーの為、交換。

ホイール修正 その後

 

ルノー4(キャトル)

 

アン・ドゥ・トァー・キャトル!ルノー4(キャトル)の右リヤブレーキ・シリンダー交換です。さすが、フランス出身だけあってシリンダーが入ってきた紙袋もなんかおしゃれに感じますね。一番の問題はユーロは安くなってるのに部品代が高いってなんでやねん!!

DC5 ホンダ インテグラ タイプR

 

遂に念願のオーリンズです!これは正に芸術品(笑)かっこいい!

シボレーアストロ ローダウン

キット持ち込み取り付けしました。

シボレー アストロ スタビリンクロット 強化ブッシュに交換

えぇぇ!こんなに違いのわかる物なんだ と自分でビックリ。思わず仲良しアストロ3台まとめて交換しました。

アストロ95yアイドラアーム交換

 

安心してまっすぐ走行できるようになりました。

W211 エアサスエアバルブからのエア漏れ

 

画像のようにエアバルブ付け根よりのエア漏れ発見。このために、コンプレッサーが回りっぱなしになっていたようでモーターも焼きついて不動になっていました。今回の車両はエアバルブ・エアコンプレッサー・40Aヒューズの交換でした。

2ndレンジローバー トラックロット交換

タイロットエンドだけの状態でブーツが破損している場合はエンドだけの交換ですがロット側も破損している場合、アッセンの交換となります。ハンドルを左右に回したときにこりこり感がある場合、早めの点検をしないと危険です。下から覗ける場所ですので一度、ご自分で確認してみてください。

シボレーアストロ

アイドラー交換 プーラー無し!苦労しましたので工具購入してしまいました。今更ですがアストロのアイドラー交換の際はお電話下さい。

R230 メルセデスベンツSL・AMG ABCランプ点灯(中古パーツ使用)

 

今回ABCランプ点灯にて入庫 テスターにて診断。バルブユニット誤作動及びリヤ ハイドロサスからのオイル漏れと判明。車両買い替え予定もあるということで取りあえず一か八か、バルブユニットUSEDにて装着しました。(修理費用安い順番)リヤサスからのオイルもれはそのままですが今のところ問題なしです。正直、USEDなので何時不能になるかわかりませんが、新品の3分の1の価格です。あまりオススメはしませんが…。ABCでお悩みの方、ご相談下さい。勿論、新品パーツ用意出きます。