車イメージ

納車前の点検個所

どんなに良品な車両でも消耗品の交換が必要です。競落とした車をそのまま納車するような事は行っておりません。ではどういった消耗品があるのか?よくある事例を以下に記載しました。購入をお考えの方はぜひ御参考ください。

よくある不良個所

1.ブレーキパットの磨耗
2.ファンベルトの鳴き
3.タイミングベルトのきれつや損傷
4.タイヤの溝が少ない
5.エンジンのかかりが悪い
6.排気もれ等

これはほんの一部で、まだまだいろいろあります。では、こういった不良箇所を整備せずにそのまま中古車を購入するとどんなことが起きる可能性があるのでしょうか?

一歩間違うと・・・

1.ブレーキパットの磨耗 そのまま放っておくとブレーキが効かなくなります。
2.ファンベルトの鳴き 燃費の悪化を招きます。また、走行時に異音が生じるので、非常に不愉快な思いをさせられることになります。
3.タイミングベルトのきれつや損傷 タイミングベルトが切れ、場合によってはエンジンが壊れます。
4.タイヤの溝が少ない スリップを起こす原因となります。
5.エンジンのかかりが悪い そのうちエンジンがかからなくなります。
6.排気もれ等 燃費の悪化と共に、騒音がします。

整備不良の車は、一歩間違うと重大事故につながる可能性も否定できません。また、そこまでいかずとも、納車後直ぐに又は何度も整備工場に車を持ち込んで整備や修理をしなければならず、その度に工賃や部品代が発生。「安く購入したけど、結局はすごく費用がかかった」ということになってしまうのです。

TCSは、納車前に整備のプロがしっかり点検整備します!

1.ブレーキパットの磨耗 ブレーキパットを交換します。
2.ファンベルトの鳴き ファンベルトを交換します。
3.タイミングベルトのきれつや損傷 タイミングベルトを交換します。
4.タイヤの溝が少ない タイヤを交換します。
5.エンジンのかかりが悪い いろいろな原因が考えられます。原因を追究し、その箇所を修理します。
6.排気もれ等 マフラーを交換します。

上記を含め、TCSは下記に記載の434項目もの点検整備を行います。修理が必要な箇所はきちんと修理、交換すべき消耗品・部品はすべて交換の上で納車するので、安心して快適なカーライフをご満喫いただけます。

434の点検・整備個所

TCSでは納車前に以下の434の点検と整備を行い、ベストな状態で納車致します。

外回り

レンズ類の損傷 <点検箇所>
[R]右テール、Rナンバー封印、R左テール、Rバンパー、左ドアミラー、左サイドフラッシャー、ワイパー、左クリアランス、左フォグ、左ライト、右ライト、右フォグ、右クリアランス、右サイドフラシャー
[F]バンパー、Fナンバー、右ドアミラー、右ワイパー、ウォシャーノズル、Rレフレクター、ラジオアンテナ

<チェック項目>
※レンズの損傷・・・割れ、ひび、水漏れ、取り付け不良、色、位置
※封印・・・外れ、位置、損傷、陸運支局名
※ワイパー・・・がた、ゴムの亀裂及び硬化、拭取り状態
※ミラー・・・取付けのがた、ガラスひび、格納、形状
各ウィンドガラス <チェック項目>
※キズ、ひび、違法フィルム及びステッカー
各ドア <点検項目>
開閉状態、異音、ロック、鍵穴、ウィンド開閉、ヒンジ及びキャッチの損傷、後席チャイルドロック、バイザーの取付け状態、違法フィルム及びステッカー、内張り取付け、ルームランプ作動

<チェック項目>
※ボンネット・・・オープナーの作動、ロック、キャッチの状態、たてつけ
※トランク・・・オープナーの作動、ロック、キャッチの状態、たてつけ 鍵穴、スペアタイヤ、非常工具
※フュエルリッド・・・オープナーの作動、ロック、キャッチの状態、たてつけ、鍵穴、タンクキャップの状態、タンク内圧力
※サンルーフ等・・・作動、異音、雨漏れ、ガラスひび及び割れ
外観(車高) <チェック項目>
高さ(最低地上高)、前後左右のバランス、タイヤの干渉
マフラー <チェック項目>
音(認定品)、排気の状態(オイル消費、不完全燃焼)、排気口の向き
タイヤ <チェック項目>
溝の深さ、方べり、亀裂、変形、異物、空気圧、キャップ、規格、ナットアダプターの有無、ホイルの損傷、曲がり、突き出し
付属品 <チェック項目>
※キーレス、ターボタイマー、エンジンスターター等の作動
※エアロパーツ、バンパーガード、ルーフキャリア等の取付け状態

車内

ブレーキ <チェック項目>
踏み代、遊び、ペダルゴムの損傷、ランプS/W、マスター漏れ(エンジンルーム)、ブースター作動
クラッチ <チェック項目>
踏み代、遊び、ペダルゴムの損傷、S/W、マスター漏れ、ディスクの残量及びすべり(簡易的判断)
アクセル <チェック項目>
踏み代、遊び、引きずり
サイドブレーキ <チェック項目>
引き代、戻り、引きずり、モニターランプ点灯
シート <チェック項目>
リクライニング、スライド、取付けがた、ヘッドレストの有無、乗車定員数
ベルト <チェック項目>
ベルト及びバックルの取付け状態、ロック作動、チャイルドシートロック作動、警告灯点灯
ハンドル <チェック項目>
がた、操作具合、外径、メーターの視認性、ホーンボタン、ホーンマークの有無
シフトレバー <チェック項目>
※AT・・・作動、イージケータ点灯、P/Nスタート確認、R警告、シフトロック作動
※MT・・・作動、エンジン始動後のギアの入り、抜け、がた、シフトパターン表示
ヒーターコア <チェック項目>
水漏れ点検
サンバイザー <チェック項目>
取付け状態、調整
ルームミラー <チェック項目>
損傷、取付け状態、各調整

内電気廻り

スピードメーター <チェック項目>
針の動き、針の振れ、距離計の作動、 タイヤサイズによる誤差
タコメーター <チェック項目>
針の動き、針の振れ
燃料計 <チェック項目>
針の動き、警告灯
水温計 <チェック項目>
針の動き、実際の水温とのバランス(針の指示不信時)
油温圧計 <チェック項目>
針の動き
パワーウィンド <チェック項目>
開閉、ロックの作動、作動時の異音
パワーミラー <チェック項目>
調整機能の作動、格納機能の作動
パワーシート <チェック項目>
作動、異音
集中ドアロック <チェック項目>
作動
エンジン始動 <チェック項目>
キーシリンダーの機能、ロック、スターターの回転速度、異音、始動性、ランニングオン
エアコン <チェック項目>
オート機能、風量、温度、吹き出し切り替え、ルーバー調整、異臭、内外気フィルター
オーディオ <チェック項目>
機能(車検時は、簡易点検)
時計 <チェック項目>
機能(車検時は、簡易点検)
照明 <チェック項目>
メーターパネル、ヒーターパネル、オーディオ、シフトパネル、パワーウィンドS/W、シガライター、ルームランプ(天井、足元、ドア、キー、スポット)
メーター内 <チェック項目>
ハイビーム、サイドブレーキ、エンジンオイル、チェックエンジン、ABS、エアバック、TRC、O/Dオフ、シートベルト、チャージ、シフトイージケータ、可変ダンパー、EーAT、クルーズコントロール、エアサス
ホーン <チェック項目>
音量、音色、 (ハンドル回しながらチェック)
スモール <チェック項目>
色(前白、後赤)、ナンバー灯(字光式は前後)
ライト <チェック項目>
切り替え、光量、角度、色(白色又は淡黄色、左右同色)
フォグ <チェック項目>
光量、角度、色(白色又は淡黄色、左右同色)
コーナーリング <チェック項目>
点灯及び消灯(ライト及びフラッシャー連動) 色(白色)
フラッシャー <チェック項目>
左右点灯、回数(毎分60~120)、色(橙色)、リターン機能
ハザード <チェック項目>
左右同時点灯、回数(毎分60~120)、色(橙色)
ストップ <チェック項目>
明るさ、色(赤)、ハイマウント点灯
バック <チェック項目>
点灯、個数、色(白)
ワイパー <チェック項目>
F/R、段切り替え、インターバル、拭取り状態、ゴムの劣化、異音
ウォッシャー <チェック項目>
F/R,噴射状態、調整、配管のつまり
注意点 <注意内容>
※後付け電装品のチェックも行う
※電球の規格相違に注意
※レンズ雨漏れ時、ショートの危険
※各電装品の配線の状態にも気を付ける

エンジン廻り ※まず車体番号、エンジン型式の確認を行う

ベルト類 <チェック項目>
損傷、硬化、張り、鳴き、磨耗、(各プーリ側点検、各ベアリングのがた、異音)
エンジンオイル <チェック項目>
量、汚れ、各部の漏れにじみ、キャップのブローバイ付着
冷却水 <チェック項目>
量、汚れ、濃度、漏れ、にじみ、ホースパイプの劣化
バッテリー <チェック項目>
液量、比重、ターミナルの錆び、充電量、電圧降下の点検
ATオイル <チェック項目>
量、汚れ、にじみ、漏れ
PSオイル <チェック項目>
量、汚れ、にじみ、漏れ
スパークプラグ <チェック項目>
磨耗、焼け具合、(白金はサービスマニュアルにより点検)
ブレーキオイル <チェック項目>
量、汚れ、にじみ、漏れ
クラッチオイル <チェック項目>
量、汚れ、にじみ、漏れ
クーラー系統 <チェック項目>
ガス量、漏れ、ファンの作動、パイプの温度
オイルエレメント <チェック項目>
漏れ、交換時期
燃料エレメント <チェック項目>
漏れ、交換時期
EGR系統 <チェック項目>
各作動点検(サービスマニュアル)
※パイプ、ホース、ワイヤー、リンク系統、配線の点検
タイミングベルト <チェック項目>
サービスマニュアル
エンジン機能 <チェック項目>
スロー、加速、高速、減速時における機関の状態
電気的、機械的高負荷時の機関の状態

ブレーキ

パット、ライニング <チェック項目>
残厚、方べり、硬化、異音、異物付着、取付け状態
キャリパ、W/C <チェック項目>
油漏れ 、錆び、固着、ブーツの損傷、ブリーザプラグのつまり又は損傷
ホース、パイプ <チェック項目>
亀裂、硬化、オイル漏れ、取付け状態、錆び
ワイヤー、リンク <チェック項目>
取付け状態、動き、のび、損傷、がた、磨耗
ディスク、ドラム <チェック項目>
磨耗、損傷、ひずみ、錆び
バックプレート <チェック項目>
磨耗、変形、損傷、錆び

下廻り

ドライブシャフト <チェック項目>
破れ、亀裂、グリス漏れ、異音、がた、バンドの取付け、デフシールオイル漏れ
ラック <チェック項目>
作動、がた、異音、PSオイル漏れ、(ブーツの破れ、バンド取付け)
タイロッド <チェック項目>
がた、曲がり、ブーツの破れ
各ジョイント <チェック項目>
がた、ブーツの破れ、動き、給油状態
ホイルベアリング <チェック項目>
がた、異音、引きずり、給油状態
プロペラシャフト <チェック項目>
ジョイント向き、がた、異音、給油状態、センターベアリングのがた、給油状態
燃料タンク <チェック項目>
取付け状態、燃料漏れ、損傷、錆び
サスS/G <チェック項目>
取付け状態、遊び、へたり
ダンパー <チェック項目>
作動、オイル漏れ、取付け状態(取付けラバー含む)
マフラー <チェック項目>
音、排気漏れ、錆び、遮熱板取付け、センサー取付け、規格品、吹き出し向き
デフ <チェック項目>
オイルの量、汚れ、漏れ、異音、がた、取付け状態
ミッション <チェック項目>
オイルの量、汚れ、漏れ、異音、がた、(クラッチ残量の点検)
トランスファー <チェック項目>
オイルの量、汚れ、漏れ、異音
エンジン <チェック項目>
オイル漏れ、冷却水漏れ、燃料漏れ、配線の取り回し
各アーム、ロッド <チェック項目>
取付け状態、曲がり、がた
燃料 ブレーキパイプ <チェック項目>
損傷、油漏れ、取付け状態、錆び

以上の点検整備を済ませてから納車いたします。